受け取りの流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

警察交通事故に遭った際に気になるのが示談金の受け取りの流れや示談金を受け取るまでにかかる期間ではないでしょうか。相手の保険会社との直接交渉になることから、相手の保険会社から連絡が入り、通院する医療機関の連絡や必要書類の送付などが必要になります。おおまかな流れとしては、まずは交通事故が発生した際には必ず警察に届けましょう。警察に届け出をしていないと人身事故として処理することができなくなり、後々必要になる交通事故証明書ももらえなくなってしまいます。交通事故が発生するとすぐに加害者側と被害者側の保険会社が行動を始めます。事故当時の用紙の確認や状況の把握をし、交通事故証明を受け取って、お互いの保険会社が話し合いをして過失割合を決定します。過失割合が決定すると慰謝料の計算をすることができます。その後入院や通院などの状況を見ながら、治療の目処が立つと加害者側の保険会社から示談提案書が送られてきます。示談提案書に記載されている示談金で納得すれば解決となり、示談金を受け取ります。示談提案書の金額では納得することができないという場合は相手側の保険会社と示談交渉を行います。

最終的な示談金の受け取りは保険会社と示談交渉が成立してからとなります。ケガの治療終了後や後遺障害の等級認定後となり、ケガの度合いなどによって示談金を受け取る時期は異なるのですが、半年から一年程度が目安となります。

 

早く受け取りたい

交通事故に遭うと様々な面で経済的に困ります。というのも交通事故に遭ったらまずは病院に行き、ケガの治療をいち早く始めるべきですが、通常であれば事故から、これ以上治療を受けても改善が見込めないと医師から判断されるまでの間は相手側の保険会社から治療費の支払いがあるものの、たとえば加害者が保険の等級を気にして任意保険を利用しない場合は保険会社の費用負担を見込むことができず、被害者が自分の保険証を使って治療費を負担しなければならず、相当の費用がかかることになります。

ケガまた交通事故に遭い、ケガをして入院や通院のために仕事を休まなければならない場合もあります。場合によっては数ヶ月単位で休まなければならないこともありますが、治療費を支払いながら、給与は減っていく可能性もあります。被害者であるにも関わらず、示談交渉が終わるまでは非常に経済的な負担が大きくなってしまいます。相手が加入している保険会社によっては、示談成立前に示談金の一部が支払われる例もありますが、これは保険会社によって対応が大きく異なります

交通事故に遭った際に出来るだけ経済的な負担を減らしてケガの治療に専念することができるように、事故後はすぐに病院に行き、必要な書類も早めに揃えておくなどすることで、出来るだけ早く示談金を受け取ることができます。