交通事故の示談金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故に遭うとケガをしたり、車が駄目になってしまったりするなど、精神的、肉体的、経済的なダメージを負ってしまいます。そこで相手の保険会社からそれらのダメージの代償として受け取ることができるのが示談金です。多くの場合、相手の保険会社と直接やり取りをして示談金交渉を行うのですが、専門的な知識を持ち、交渉に慣れている保険会社の担当者と交渉をするのは困難です。被害者なのに納得のいく示談金を受け取ることができなかった、相手の保険会社に言われるがままになってしまったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。そこで示談金についての知識を増やして万が一に備えましょう。

示談金まず交通事故に遭った際に受け取ることができる示談金とは慰謝料とは別ものです。示談金とは示談によって合意された金額のことを言い、被害者に発生した損害を加害者が支払う賠償金を示談金といいます。慰謝料は精神的苦痛に対して支払われるものであり、示談金の一部です。この他に治療費や介護費用、葬儀費用や休業損害、過失利益などが示談金に含まれます。また例えば、交通事故に遭っても誰もケガをしていない場合は慰謝料などの人に関わるお金は請求することができず、車の修理代など物に関する賠償のみ請求することができます。ここでは交通事故に遭い、被害者となった人が、相手の保険会社と示談交渉をし、示談金を受け取るまでの流れや早く必要な場合の対処などについて紹介させていただきます。